オンラインでパーソナルコーチングを受ける

オンラインでパーソナルコーチングを受ける

パーソナルコーチのやなけん(@yanaken8787)です。

周囲でコーチングを受けている人がいる。

「コーチングいいよ!」と勧められた。

自分でコーチングを受けたほうが良さそうだと思った。

このページに辿り着いた人は、そんな理由からコーチングを検討している人が多いのではないでしょうか。コーチングを受けていたり勧めてきた人は、なぜコーチングを受けているのでしょうか?

そんな疑問を少しでも解消できれば嬉しく思います。

コーチングの料金や相場が気になる方は、こちらの記事を読むと良いでしょう。

コーチングを受けて得られること

コーチングを受けると、どんな事を得られるのでしょうか?

周囲に聞ける人はぜひ聞いて頂きたいのですが、この記事ではCAMPFIRE 家入さん、コインチェック 大塚さん、ランサーズ 秋好さん、面白法人カヤック 柳澤さんが、実際にコーチングを受けた際の感想をお伝えしていきます。(発言元:Coaching Transformation 2021にて)

  • コーチと話すことで癒やされた
  • 人の話を聴く力が増した
  • 社員との面談が楽しみになった。今後どうなっていきたいのかを聞けるのが楽しい。成長に関われる喜びを得ることができた
  • 自分がコーチング的な関わりを社員にする事で自律的に動けるメンバーが増え、2,3年後の未来を考える時間を作れるようになった
  • コーチングを受けたメンバーが部下に対してコーチング的な関わり方をするようになり、組織の心理的安全性が高まった
  • ありのままで話す事で、話しながら自分の気持や考えに気づけた
  • 自分の変化に気づける自分が楽しい
  • 自分自身の変化とともに、他者への関わり方が変わった。それによって、他者が変わっていった
  • 自分の弱み、強みを知ることができた。それによって自信に繋がり、堂々と振る舞えるようになった。仲間が増えた
  • 弱みを自信に変えることができた

自分自身の弱みや強み、本当の自分を知ることで「芯」を発見し、ブレない心が得られるのが良い点だと感じています。

コーチングをどのように活用すると良いのか?

「コーチングは良いよ」と勧められても、自分がどのように活用したらよいのか? わからなかったりしますよね。1年3ヶ月程度ですが、実際にクライアントとの関わりの中で統計をとった所、下記のように活用されていました。

  • 雑談
  • ブレスト
  • 悩み相談
  • 振り返り(やった、できた、できなかった)
  • 思考整理
  • 行動策定

コーチング中はあなたの時間なので、自由に使ってOKです。

コーチングは、「何を話すか」テーマを持って行うのが望ましいとされていますが、セッションを積み重ねて行くとテーマが思い浮かばない事も出てきます。そんな時は、下記を参考にテーマ選定を行うと良いでしょう。

  • 人間関係
  • スキル、キャリアアップ
  • 健康
  • お金
  • 未来
  • 現在
  • 過去

自分と向き合うことの大切さ

セッション中に「家族には話せない」「会社では話せない」など、身近な人には言いたくない、言えない内容を話すことがあります。

向き合い、本当の自分を知ることで、辛くしんどい事もあるでしょう。

しかし、さきほどの各リーダーの感想にもある通り「弱みを自信に変えることができた」のは、自分と向きあって、弱ささえも受け入れた結果だと感じています。

自分と向き合う。しかも、定期的に。

その先には、自分らしく充実した毎日を過ごしているあなたがいるはず。

体験セッションなどで、まずは気軽に話してみませんか?

 

著者プロフィール

やなけん
やなけんパーソナルコーチ
1974年生まれ。福岡県出身、神奈川県在住。仕事で行き詰っている時にコーチングと出会い、救われた経験から認定コーチとなる。クライアントは20代〜50代ビジネスパーソン、中小企業経営者と幅広く、テーマも幅広く対応。現在は、国際コーチング連盟(ICF)のACC(Associate Certified Coach)取得に向けて活動中。趣味はプロ野球観戦と宝くじ。好きな物はパフェとアイス。特にセブンプレミアムアイスが大好き。

ブログ

Posted by やなけん