プロフィール

2023年1月24日

やなけん

柳川賢太郎(やながわけんたろう)

<保有資格>
国際コーチング連盟ACC
国家資格キャリアコンサルタント

<所属団体>
一般社団法人ACCN

福岡県出身、神奈川県在住。卒業後、携帯電話販売代理店にて店頭窓口、法人営業、故障修理窓口と様々な業務を経験。その後、既存業務と並行して新人トレーナーとして従事。大手代理店に転職後、体調不良から勤務を続けることができなくなってしまい、以降転職を繰り返してしまう。2008年に古巣業界に復帰し、店長、マネージャー、代理店統括責任者を歴任。

現在は会社員として勤務しながら、コーチ&キャリアコンサルタントとして活動。30代~50代のビジネスパーソン、自営業・フリーランス、中小企業(スタートアップ含む)経営者を中心にご依頼をいただく。過去にサポートしたテーマは、今後の経営の方向性について、独立開業後の行動の振り返り、職場での人間関係・マネジメント、仕事のキャリア、家族との関係、性格や特性・内面について、生活習慣の改善など。

コーチ・キャリアコンサルタントになったきっかけ

コーチングの存在を知ったのは2012年です。他社の方も参加する外部研修の修了式で始めてコーチングという言葉を知りました。人の主体性に働きかけるコミュニケーション技術があることに興奮し、いつかは学んでみたいと思っていました。

仕事で悩んでいた時期にコーチングを受け、小さな一歩を見つけることができました。行動が明確になった瞬間の安心感(安堵感?)はいまでも鮮明に覚えています。

仕事上の悩みはずっと続いていたため、コーチングを学ぶことで自分の中で何かが変わるかもしれないと思い、コーチングを学びました。コーチは「生き方」そのもので、私自身がコーチとしてあり続けることで、どんな事が身に起きても動じない、ブレない強い心を得ることができたと感じています。

40代半ばになり、急激な環境の変化や役割の変化が起き、自分のこの先の仕事の展望が見えず、真っ暗なトンネルを進む感覚の中で、自分のキャリアを見つめ直す事に役立つのではと考え、キャリアコンサルタントを学ぶことにしました。

学んでいく中で、自分の身に起きている転機が理論化されている事を知り(レビンソン:人生半ばの過渡期)ました。その他の理論や心理学に基づくアプローチ方法を学ぶことで、より客観的に自己を見つめ進む力を身につけることができました。

自分らしく、充実した毎日を

会社勤めだと、24時間のうち8時間前後を「働く」事に費やします。年間休日120日の会社だと245日勤務し、時間換算で1,960時間です。

この時間を「気分良く、充実して過ごせているか?」は、人生において非常に大切にするべき事だと考えています。しかめっ面で、每日「嫌だなー」と思って過ごすよりは、気分良く「今日はこれをやらないと!」「あれもやらなきゃ」「次はどうしよう?」と前向きに過ごしていたい。

職場や家庭とは関係のない第三者と話していると、「明日も頑張るか」と前向きな気持ちになれることがあります。気持ちが軽くなると、苦しい状況の中でも現状打破のための行動が見えてきます。

自分で選択した人生を歩んでいきたい。

コーチングやキャリアコンサルティングを学んで、強く願うようになりました。イキイキとした日々を過ごしている仲間を増やしたい。そんな想いから提供しています。

メディア関連

ガイアの夜明け住まいの価値守れてますか?

プライベートですが、自宅マンション管理組合理事長旧任時の活動が、2010年9月にテレビ東京 「日経スペシャル ガイアの夜明け」で取り上げられました。

趣味

  • 離婚危機をきっかけに、夫婦共通の趣味として始めたプロ野球観戦(ベイスターズ)
  • 宝くじ(LOTO6 / toto BIG)
  • ランニング
  • ときどき山登りやハイキング

愛読書

  • 7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー(キングベアー出版)
  • 新しいランニング入門/中野ジェームズ修一(池田書店)
  • 金 哲彦のランニング・メソッド/金哲彦(高橋書店)
  • ドラえもん/藤子不二雄(小学館)

好きな言葉

  • とりあえずやってみよう!
  • tomorrow is another day(明日は明日の風が吹く)

ミッション・スローガン

自分らしく充実した毎日を過ごす人を増やし、活力あふれる社会をつくる

Jump!

つながる

Chat Work : yanaken8787

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/yanaken/

Posted by やなけん