コーチングを依頼するべきか? カウンセリングを依頼するべきか?

2020年10月25日

コーチング?カウンセリング?

やなけん(@yanaken8787)です。

自分はコーチングを依頼すべきか? カウンセリング(相談)を依頼すべきか?判断がつかない。また、それぞれどこにお願いすれば良いのかわからない…そんなとき、どうしたらよいのでしょうか?

今日は、その場合にどうしたらいいのか? というお話です。

コーチとカウンセラーどちらにお願いする?

世の中には、コーチ、カウンセラーなど、心理職の人が多くいます。誰に話を聞いてもらったら良いのかわからなくなりますよね。その場合は、コーチ資格と産業カウンセラーなどの資格を両方所持している人にお願いするのが良いのかな…と感じました。

あらかじめ、ご自身の状態がわからない、、、そんな相談を事前にした上で話を聞いてもらう。そうする事で、あなたは気軽に話に集中できます。

先日、コーチが集まるZOOMミーティングに参加した時に、ボストン在住のコーチに聞いた話ですすが、アメリカではコーチングもカウンセリングの一種として、あまり境界線は無いとのことでした。コーチ資格とカウンセリング系の資格を両方持ち合わせていて、コーチがクライアントの話に合わせてコーチングモードと、カウンセリングモードを自動的に切り替えるという話を聞いて、「ほほう…」と関心しました。

やなけんも、どちらでも対応可

意図せずですが、Cocoro Farm Coaching Officeでも、コーチングと相談(現時点ではカウンセリング系の資格を持っていないので、相談としました)の両方に対応しています。

部下の面談を業務として実施する中で、特にコーチング、相談と方向性を決めて行うわけではありません。スタッフごとの状態に合わせて傾聴していきます。

「自分にコーチングが合っているかわからないけど、とりあえず話を聞いてほしい」という方は、まずは相談からお話を伺えると良いかなと考えています。

普段の生活には関係のない第三者に話を聞いてもらうことって、ありのままを話せるし、少し気が楽になるのは間違いないと思います!

「誰かに話しを聞いてもらいたいな〜」

そんな時は、ぜひ一度ご相談ください。

個人相談