コーチ契約をして、コーチングを受けるということ

2021年4月22日

コーチ契約をして、コーチングを受けるということ

パーソナル・ビジネスコーチのやなけん(@yanaken8787)です。

2021年1月からマイコーチと契約し、2週間ごとにセッションを実施しています。4月からいよいよ2クール目に突入します。

今回の記事では、実際に自分がコーチと契約をして定期的にコーチングを受けた感想? 変化? 思ったことなどをお伝えしていきたいと思います。

コーチングに関して、理解の一助になると幸いです。

コーチ契約をした経緯

契約書

コーチ契約の目的としては、国際コーチング連盟のACC受験要件である

  • 10時間のメンター・コーチング

この要件を満たすためです。

テーマはコーチングについてとしセッションをしていましたが、ここ最近、僕があまりにも元気がなかったのをコーチが察して、コーチング以外をテーマにする事を提案してくれました。

ありがたく提案を受け入れて、現在はプライベートで抱えている問題をテーマにセッションをしています。

抱えている問題解決の光は見えていませんが、現在、やれる手段は実行しているので、今の行動を継続しつつ、気持ちを新たに、結果は気にしないで前を向いて過ごす事にしました。

3ヶ月間、継続的にコーチングを受けた感想

コーチング

さきほどもお伝えした通り、国際コーチング連盟の認定資格である、ACC(アソシエイト・サーティファイド・コーチ)の受験要件を満たすためだけにコーチ契約をしました。

しかし、セッションを積み重ねていく内に、自分の内面にある自分でも気づいていなかった気持ちや想い、将来の自分が「あぶり出されてくる」のを実感しています。

また普段の生活には影響の無い、第三者であるコーチに話すことで、気持ちが楽になって前向きになったりと、「コーチングってやっぱり凄い!」と実感しているところです。

自分の目標は大きすぎて、もしかしたら実現不可能な内容かも知れません。

しかし、それに向かって一歩でも半歩でも1cmでも前に進んでいると感じると、とても自己肯定感が高まるし「地に足をついて自分で歩んでいる」そんな実感を得られます。それにより自分への信頼度が高まり、幸福感が少しずつ大きくなっている気がします。

キャッチコピーである、《自分らしく、充実した毎日をあなたに。》は、自分のためのキャッチコピーなんだなぁと感じました。自分らしく充実した毎日を過ごす人達の中に自分もいる。

それが僕の願いなんだな。

自分コップを満たす

仲間とディスカッションをしていた時に、「自分コップを満たす」と言う言葉を聞いて、ものすごく胸に突き刺さった事があります。

コップを満たす

自分コップに自分の気持を満たす、そこから溢れた分だけ周囲に優しくできたり満たす行動ができる。

自分が良い環境に身を置くためにも、出来る限り自分コップを満たす努力をする必要があるなと感じました。

定期的にランニングをして何も考えない時間を作る、たまにマッサージを受ける、音楽を聴く、サウナに行く、集中できる静かな場所で本を読む、スタジアムで大声出して(今はコロナで無理だけど)好きなチームを応援する。

自分を整える行動を意識して行うことで、自分を満たしていくことが重要だと感じました。

コーチングで物事は解決しない、行動するのは自分

コーチングは魔法でもなく単なるコミュニケーションスキルなので、コーチングを受けても自分の課題は解決しない…これも改めて実感しました。

コーチは、自分の普段の生活には関わりのない第三者ですからね。

行動するのは自分。

気づきがあれば意識が変わり、意識が変われば行動が変わる。行動が変われば結果が変わる。

当たり前の事なのだけど、それが難しいのですよねえ(苦笑)

でも、コーチは行動を後押ししてくれる。見ていてくれる人がいるから…なんとか前に進めそう…かな。

さいごに

どんなに美味しい料理だって、どんなに素晴らしい体験だって、自分が実際に味わってみたり体験していないことを、「これ、美味しいよ! すごいんだよ!」と言っても説得力がありません。

国際コーチング連盟の認定資格保持者(ACC / PCC / MCC)は、実際に自己投資をしてクライアント経験をしています。これから日本も海外同様に認定資格保有者へコーチングを依頼するのが当たり前になっていくのかなと感じました。

ACCを受験するにあたり、自らがクライアント体験をしてコーチングの効果を実感すること、非常に大事だなぁ。

次のセッションで、どんな新しい自分を発見できるのか?

とても楽しみになってきました。

著者プロフィール

やなけん
やなけんパーソナルコーチ
1974年生まれ。福岡県出身、神奈川県在住。仕事で行き詰っている時にコーチングと出会い、救われた経験から認定コーチとなる。クライアントは20代〜50代ビジネスパーソン、中小企業経営者と幅広く、テーマも幅広く対応。現在は、国際コーチング連盟(ICF)のACC(Associate Certified Coach)取得に向けて活動中。趣味はプロ野球観戦と宝くじ。好きな物はパフェとアイス。特にセブンプレミアムアイスが大好き。